posted by admin on 11月 25

私の友人の話ですが、着物をたくさん持っているけれど、そのほとんどが、おばあ様や伯母さまなどから折々にもらった、いわゆる「お下がり」ってやつで、全然着ていなかったそうです。でも、美容院で着物雑誌を見かけて待ち時間に読んでいたら、にわかに着物熱が彼女の中に巻き起こり、少し整理してみて、着付け教室にでも行ってみようかなんて気分になったそうです。

ところが、いざ整理してみると、どう考えても自分には似合わなさそうな色目のものとか、袖の長さが短いものとか、染の帯はないのに織の着物があっても仕方ないよね、みたいなのとか(彼女は帯との組み合わせまで勉強したそうです!)、いろいろ困った状況だということがわかったそうです。

せっかく持っている着物であれば着たいなとは思ったものの、手持ちの帯や着物に合わせて新たにアイテムを増やすほどではない、とのことで、その友人はいらない着物や帯を処分することにしたそうです。彼女がどのように処分したかというと、着物買取業者に自宅まで査定・回収に来てもらったそうですよ。

着物買取業者については次へ行ってみてください。【着物買取横浜.com】地域限定にしぼった高額買取業者口コミベスト5!というサイトが参考になりますよ。

Leave a Reply

Archives